身体に「相応しい」としてある「水素水」一心に分子

身体に「相応しい」としてある「水素水」一心に分子コードなどで概要がしてありますが、細かく読んだことがありません。水は単純に酸素(O)って水素(H)で構成されています。クルマも「水素」で走るクルマが浸透されつつあります。なんで「水素」なのか初心者の自分にはあっさり分かりません。普通に考えると奴には水素よりも酸素のほうが「可愛い」のではないかと思ってしまう。それでも水素水は「からだ」に素晴らしいらしきのです。物は試しでこの間、とある機会のブースにて販売していた水素水を買って飲んでみました。勘定は飲み物よりも些かお高めです。風味は「それほど普通の水」だ。考えてみれば当たり前です。「水素」にはそんな「価値もと」があるはずがない。まずは身体に何か左右が出たか。これも本音分かりません。継続して飲まないという効果が出ないと思われますが、「薬」ではないので何か悪いところを改善するような効果はないと考えます。色々考えてみて自分なりの結論を出すって、こういう「水素水」は「タフ飲み物」だと捉えます。「ダウンイオン」や「ミネラル」や「水素」はまぶたには見えないし風味もしないけれど「タフ」のために「素晴らしい」賜物ですという、ですから結局は本人が納得して飲めばなんにも適切、という結論に至りました。24/7のマンツーマン指導に定評あり

身体に「相応しい」としてある「水素水」一心に分子